身の上話

最近はこのブログやTwitterなども更新できていませんでしたが、今回は近況とちょっとした身の上話をさせて頂こうと思います。うまく文章に出来ず読みづらい上に、少し暗いお話となってしまいますが、ご容赦くださいませ。

今年の10月の終わり、母が亡くなりました。62歳でした。何か重い病気を患っていたとかではなく本当に元気でいろんな所へ旅行へ行ったりと活動的でしたし、亡くなる1週間前にも電話をしてましたので、母が倒れて病院に救急搬送されたと連絡を受けたときは正直そんな大げさなことではないと思ってしまったぐらいです。私の実家は奈良県になるのですが、病院へ駆けつけた時にはもう血圧もかなり低くなっていて、人工呼吸器で無理やり呼吸させられている母を見るのは…、本当に辛かったです。倒れて心肺停止になってから発見、救急隊員の方に処置を受けるまでの時間が相当長かったそうで脳へのダメージが深刻で、回復は見込めず最善でも植物状態と告げられた時にはもう絶望しかありませんでした。その2日後、治療の甲斐も虚しく静かに息を引き取りました。

公にはお知らせするようなこともありませんでしたが、3年前の2014年にも7つ下の末の弟を亡くしています。母も弟も、私の音楽活動のことをすごく応援してくれていて、母は私が関わった作品を見ては感想をメールしてくれたり、友人を誘って劇場にも見に行ってくれていたようですし、また弟も音楽の道ではありませんでしたが私自身よりも私のことに詳しく、私の音楽に対して1アニメファンとしての屈託のない意見なんかも話してくれていました。私は男3兄弟の長男ではありますが、弟が亡くなった時も年甲斐もなくひたすら涙が止まらなくて、母に「あんたは本当に泣き虫やなぁ」と笑われる始末だったのですが、今回もきっとそんな風に母に笑われている気がします。昨日、四十九日を終え、こうやって気持ちを整理して文章に書き起こしていますが、改めて自分がどれだけ母に愛されていたかというのを自覚するのはなんとも言えない気持ちになります。月並みですが、母のためにも弟のためにももっと頑張らないといけないなという決意です。

人の命なんて本当にあっけないです。親孝行しなきゃと意識的に母とは連絡を取り合っていたにも関わらず、こんなにも早い別れになってしまうと、やはりもっと話をしておけば良かったと後悔の念しか残りません。今はただ天国で母と弟が無事に再会出来たならと祈るばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です